唐津茶碗

ぐい呑みを大きくしたような姿で、茶碗としては小振りながらもエッジの効いた造形が目を引きます。

伝世の味よく内外に現れた変化に富んだ景色と高台周りの梅花皮の強さは圧巻で抽象的な感覚が色濃い

無地唐津の中にあって、特に個性の強い茶碗であると言えるでしょう。銀直し、ニュウあり。

口径10.3㎝〜11.1㎝ 高さ7.8㎝〜8.2㎝ 桃山〜江戸初 仕覆(傷み有)桐箱付

お買い上げありがとうございました。