瀬戸墨流大皿

一言でいうなれば、ただただカッコイイと。

不規則かつ繊細に流れていく鉄釉は我々の視線をもてあそぶようであり、

裏面はきっちりと規則正しく太い輪線文が描かれていて、

「動」と「静」の対照的な抽象文様を同居させた圧巻のデザインセンスと言えます。

直径26.5㎝ 高さ3.2㎝〜3.8㎝ 4㎜のホツ有 江戸後期 桐箱付

お買い上げありがとうございました。