不動明王懸仏

小品ながらも岩座の上に坐する忿怒の表情や胸肩から腕にかけての線には力強さがあります。

全体的に鍍金はよく残り、黒々とした鋼の色と鈍く輝く金色の調和が像に奥行を観じさせ、

愛らしくも鎌倉らしいピリッと鋭い感覚に惚れ惚れしてしまう小金銅仏であります。

像高4.2㎝ 幅3.0㎝ 木製鏡板(後補)直径9.8㎝ 持物なし 鎌倉時代 桐箱付

詳細、価格はお問い合わせください。