唐津素麺手茶碗

掘の手とは思えない、つややかな漆黒の黒釉にイッチンの白い抽象文、また高台周りの

赤黒い土などキレのある存在感を発しています。一方が尖ったように変形した口縁は

片口としても愉しめ、綺麗な見込みや力強くザングリとした土味も嬉しいところです。

口径11.8×9.0㎝ 高さ6.7〜7.4㎝ 江戸初期 口縁半分程度漆なおし 桐箱付

お買い上げありがとうございました。