加耶車輪形土器

高句麗、百済、新羅の三国時代に併存した加耶国で焼かれた祭祀用の土器(杯)。目を惹き付ける

独特の姿と高温焼成により固く焼き締まった土肌や薄く鋭利な造形からは、鉄を多く生産し、

国際的な交易で発展してきた華麗な加耶文化の一端を観るようであります。

車輪部分に修理跡がありますが、これは墓を造成する際、祭祀の過程でわざと割って

埋葬した痕跡かと思われます。 参考図書 韓国国立中央博物館図録

高さ16.3㎝ 幅15.5㎝ 口径5.0㎝ 5〜6世紀 車輪に修理 桐箱付

詳細、価格はお問い合わせください。

ただいま商談中です。