藍九谷八角猪口

初期伊万里の時代から古九谷様式への工芸的進歩の裏には、中国景徳鎮からの技術導入

があったようで、躍動感のある筆で描かれたこの唐子などは、正しく古染付の職人の手

そのものであります。薄造りで鋭利な造形、白い磁肌に冴えた呉須はこの時代特有の

もので、その鋭い感覚には強く惹かれるものがあります。

口径10.0×11.1㎝ 高さ5.9㎝ 江戸前期 無疵 箱なし

詳細、価格はお問い合わせください。