須恵器はそう

重心高く張り詰めた胴部と強く拡がる口造りに上代の厳しさが感じられます。渋味のある

暗草色の自然釉はたっぷりと肩を流れ、胴の縄目文様のところで玉垂れを作ります。

厳しさの中にも、少し傾いだ首が見せる「間」がこの壺の魅力を引き出しているようです。

高さ14.3㎝ 胴径16.3㎝ 口径8.4㎝ 古墳時代 修理なし 杉箱付

詳細、価格はお問い合わせください。