李朝染付面取瓶

八角面取が施されたボリュウム感溢れる体躯に、白い磁肌と明るい呉須の色がやわらかく

爽やかです。画面いっぱいに描かれた大輪の菊は、稚拙な筆ながらもゆったりとして優雅さすら感じ、

窯の中でへたって傾いた姿もどこか愛嬌があり、朝鮮の大らかさが十分に発揮された瓶といえます。

高さ30.5㎝ 胴径19.0㎝ 口径4.6㎝ 李朝後期 口に修理ニュウ くっつき跡 桐箱付

詳細、価格はお問い合わせください。