翡翠香合

瀬戸で焼かれた織部釉が涼しげな翡翠(かわせみ)形の香合です。デフォルメされた

愛らしい姿と、やや首を傾け円らな瞳で見つめてくる様子に心トキメキます。

底に「祖母懐」印があり尾張藩の御用窯で焼かれたものと思われます。

長さ5.3×3.2㎝ 高さ3.5㎝ 江戸後期 無疵 時代箱付

お買い上げありがとうございました。