人形手茶碗

厚く掛かった青磁釉が見せる柔らかな曲線と、酸化焼成による醤手(ひしおで)と呼ばれる

薄い黄褐色の肌合いが上品です。見込みの福の字のスタンプや外側を巡らす花弁文がアクセントに

なって豊かな表情を生み、唐物の持つ重みと意匠による軽みの調和が優れた茶碗であります。

口径11.5㎝ 高さ5.8〜6.0㎝ 明時代 窯キズ3ヶ所 時代箱付

詳細、価格はお問い合わせください。