染付牡丹文瓶

「百花の王」とされ不老長寿を意味する牡丹文は生命力に溢れ、均整のとれた器体を埋め尽くす

ように描かれています。明るく青みの強い分院独特の磁肌の輝きとやや淡く感じる呉須の発色が

とても柔らかく、そのたおやかで富貴な佇まいに李朝後期分院窯の格調の高さを感じます。

高さ22.0㎝ 口径3.9㎝ 胴径13.7㎝ 李朝後期 口修理 桐箱付

詳細、価格はお問い合わせください。