堅手盃

ゴツゴツとした姿は個性的であります。見所はなんといっても高台造りで、整えることを

拒否した磁肌と高台内の激しい箆跡、粗い砂目が厳しい造形と相まって不思議な感覚に陥ります。

オシャレ感はまったくゼロですが、こんな無骨な盃もやはりどこか惹かれます。

7/15発売の目の眼8月号は夏酒器特集(期間限定無料公開中)です。是非ご購読ください。

口径8.3〜9.2㎝ 高さ4.6〜5.0㎝ 李朝初期 銀継ぎニュウ 桐箱付

詳細、価格はお問い合わせください。