堅手茶碗

まるで初期官窯白磁のような爽快な白さを持つ堅手茶碗で、その吸い付くような

柔らかな肌が見所であります。掌に収めた時もやや肉厚でしっとりとした重量感

が心地良く、数が多い発掘の堅手茶碗の中でも秀逸の茶碗であると思います。

口径13.0㎝ 高さ6.4㎝ 李朝前期 口に5㎜のホツ 桐箱付

詳細、価格はお問い合わせください。