李朝民画 梅に鳥

枝をくねらせ咲き乱れる紅梅の中に一対の鳥が仲睦まじく肩を寄せ合い眠っています。

古格のある、いかにも画工の描いた濃厚な色使いとこなれた筆致が見せる叙情的な世界に

早春の温かみとほんの少しの色香を観じるのであります。

画像はガラスを外して撮影しています。

額73.9㎝×38.9㎝ 本紙59.0㎝×31.5㎝ 李朝後期

詳細、価格はお問い合わせください。