猿投小壺

頸部を欠いた小型の長頸壺ですが、美しいアールの胴部に踊るような釉薬の変化が

神々しくもあります。硬く焼き上がった灰色の肌に所々煌めきを発する若草色の釉が綺麗で、

残欠ならではの美意識が遺憾なく発揮された猿投の小壺であります。

高さ7.4㎝ 胴径8.6㎝ 口径2.2㎝ 平安時代 水漏れ無し 桐箱付

詳細、価格はお問い合わせください。