丹波灰釉油壺

口に柄杓を掛ける溝が入った丹波特有の油壺で、安定感のある姿に艶やかな灰釉と、

胴にべったりと掛かった薪の灰が、窯変による黄や青が混じる幻想的な景色を生んでいます。

柳宗悦の云う、作為の無い他力による健全な「用の美」を象徴しているかのようです。

現在、日本民藝館にて「柳宗悦と古丹波」が開催中です。是非オススメする秋の展観です。

高さ16.0㎝ 口径9.0㎝〜9.8㎝ 胴径18.3㎝ 江戸前期 口にホツ有 桐箱付

お買い上げありがとうございました。