須恵器瓶

立ち姿が個性的な砧形の須恵器で、魚醤などを入れて運ぶための容器であったとか。

景色の変化に乏しい暗灰色の肌には轆轤目が残り、一つの見処となっています。

静謐さを含んだその佇まいは他の須恵器にはない独特なもので、静かに

花を迎えてくれる器と言えるのではないでしょうか。

高さ15.6㎝ 口径5.4㎝〜6.3㎝ 平安時代 口に欠け 銅落とし 桐箱付

お買い上げありがとうございました。