瀬戸麦藁手茶碗

瀬戸の名物、麦藁手の茶碗。普段散見する麦藁手の茶碗はほとんど蓋茶碗の身ですが

この茶碗はその寸法、高台の削り方や土見せになっている事などから最初から抹茶碗として

焼かれたものではないかと思われます。鉄絵と呉須がやや斜めにリズミカルに並び

目にも心地よく洒脱で、気軽に使うのが愉しい瀬戸茶碗です。

口径13.5㎝ 高さ6.0㎝ 江戸後期 薄いニュウ4本有 桐箱付

お買い上げありがとうございました。