李朝染付立壺

控えめで優しく愛らしい中期染付の立壺。首が短く肩の張ったいかにも中期特有の形で

柔らかく深みのある磁胎に淡い呉須で薔薇の花が楚々と描かれております。

その奥ゆかしい姿に何故か心揺さぶられるのであります。共直しはありません。

高さ13.5㎝ 胴径12.5㎝ 口径7.8㎝ 4㎝のニュウ、高台に7㎜の欠け有 18世紀 杉箱付

お買い上げありがとうございました。