姥ヶ餅盆

近江国草津の名物に「姥ヶ餅」があり、その餅を供するために造られた陶器の皿を起源とする

姥ヶ餅焼は茶陶としても有名であります。この栗の盆も餅を出す際に用いられたものと思われます。

陶器に比べて圧倒的に数が少なく、使い込まれた風合いと素朴な姿が好ましい丸盆であります。

直径24㎝ 高さ2.5㎝ 江戸後期 無疵 「姥ヶ餅」焼印 木箱付

お買い上げありがとうございました。