乾山色絵火入

角皿などでよく目にする低下度焼成タイプの色絵火入です。赤、青、緑で描かれた阿蘭陀写しの

唐草文様は華やかで、画面から溢れんばかりの勢いがあります。残念なことに口縁の疵を

漆で修理していて状態が芳しくありませんが、乾山焼の魅力は十分に味わえるものと思います。

口径10.0㎝〜10.3㎝ 高さ8.8㎝ 胴径12.2㎝ 江戸中期 口縁直し 桐箱付

詳細、価格はお問い合わせください。