李朝飴釉扁壺

胴の脇の耳と高台横に開けられた穴に紐を通して持ち歩けるようにした飴釉の扁壺。

主に水筒として使われたと思います。暗褐色の釉は艶やかで渋い釉調を見せ、極端に小さい口が

全体のフォルムを引き締めています。置いてみると傾きがありますがそこはご愛嬌ということで。

高さ19.5㎝ 胴幅11㎝ 口径3.3㎝ 19世紀 高台に欠け有り 水漏れ無 桐箱付

詳細、価格はお問い合わせください。