珉平焼茶碗

淡路の珉平焼といえば海老茶碗が有名ですが、箱書に「倣一品當潮図茶碗」とあり

画題で吉祥図である「一品當潮図」の海辺の岩上に立つ一羽の鶴の姿を写したお目出度くも

上品な図柄の茶碗となります。京の尾形周平に習った繊細なろくろ技術と緻密で優雅な絵付は

さすがは阿波藩御用窯にもなった珉平焼始祖、賀集珉平の面目躍如たる所以であります。

口径12.2㎝ 高さ8.4㎝ 江戸後期 無傷 共箱(痛み有)

詳細、価格はお問い合わせください。