京和蘭陀盃

京で焼かれた軟陶の和蘭陀写しで、江戸中期に乾山が、後期になって道八などが焼き、

その異国情緒あふれる図柄が人気を博したようです。元は盃台だったのか判然としませんが、

大きく開いた口と掌に収まる愛らしい姿は盃として十分愉しめ、異国への憧れを含んだ

気風に思いを馳せるのも楽しい時間です。

高さ4.9㎝ 口径5.8㎝ 江戸後期 無疵 桐箱付

お買い上げありがとうございました。